asaco_bar_test.jpg

shop_asacobar.jpg

kasuri.png型紙捺染 櫛押捺染
アサコに用いられる絣糸(かすりいと)は、「近江上布」における伝統の染色技法である型紙捺染(かたがみなっせん)あるいは櫛押捺染(くしおしなっせん)によって染色されます。型紙捺染は、麻糸を羽根と呼ばれる金枠に巻き付けて、型紙により染める方法で、一般的には着尺物の緯糸(よこいと)に絣模様を染める場合に用いられます。また櫛押捺染は、糸を竿枠に巻きつけ、文字通り櫛状の捺染具に染料を染み込ませ、糸に押し付けるように捺染するものです。経糸(たていと)に絣模様をつける場合に用いられます。

アサコの生産においては、この捺染技法を用いて、経糸ならびに緯糸の細かな絣柄を染色します。近江上布の手機生産に長く用いられてきた技術をレピア織機での洋装生地の生産に活用するもので、技法的には今日まで県下1社(国内でもおそらくこの1社のみ)で型紙捺染での絣糸を用いて取り組まれてきましたが、アサコはこの業者と連携を図りつつも、まったく新しい視点で開発に取り組みました。

こだわりの蒟蒻加工糸
アサコに用いる麻糸は、経緯ともにこだわりの蒟蒻加工糸です。独特のシャリ感の持続性に優れ、洗濯するごとにその確かな違いを実感いただけます。

糸から仕上げまで近江の地で実現
また、麻の風合いを決める仕上げ加工は、近江愛知川流域の豊かな伏流水を利用し、ここ近江の地の整理加工業者が持つ全国随一の技術が余すところなく生かされています。アサコは伝統の染織技術を大切に伝承しつつ、しかも全国に先駆けて機械織りでの広幅麻生地の生産に取り組んできた、この近江の地でしか折れない麻布であり、糸から仕上げまで近江だからこそ実現できる最高の技術にこだわった麻布です。

近世高宮布の絣柄
アサコの絣模様は、東近江市能登川博物館が所蔵する貴重な文政年間の高宮布見本帳にある絣柄を基調にしています。そのデザインには古風な印象は全くなく、現代的でしかも非常にエレガントなものです。アサコのコンセプトを体現するに、柄デザインとしてこれ以上のものはないととらえています。

asaco_hanbai.jpg

mori_jofu_linkbar.jpgmori_jofu_linkbar.jpg
book_linkbar.jpgbook_linkbar.jpg

近江上布伝統産業会館『麻々の店』TEL:0749-42-3246
●営業時間 10:00~17:00 休館日 祝祭日、年末年始、夏季


トップページ
ショップ『麻々の店』のお知らせ
当組合が主催、参加をしているイベントのお知らせです。
滋賀県麻織物工業協同組合のオリジナル生地『asaco』のご紹介です。
滋賀県麻織物工業協同組合のオリジナル着尺生地のご紹介です。
当組合で取れた苧麻の苧を販売します。
近江上布に関する貴重な書籍を販売しています。
体験教室のご案内。麻と自然、エコをキーワードに趣向を凝らした体験教室をご用意しています。
織物工房のご案内。機織体験ができます。
近江の麻布を広めるクリエーター集団
団体様のご来館も大歓迎。ぜひお立ち寄りください。
近江上布伝統産業会館『麻々の店』への交通案内です。
滋賀県麻織物工業協同組合のご紹介です。
滋賀県麻織物工業協同組合の関係各所へのリンクページです。

keitai_site_annnai.jpg