dai.jpg

book_bar.jpg

ori_to_some.jpg

クリックすると拡大表示されます。クリックすると拡大表示されます。クリックすると拡大表示されます。クリックすると拡大表示されます。

近江上布制作本『今に伝わる近江上布の織りと染め』

鎌倉時代に京都から職人が移り住んで麻織物の技術を伝えたのが
始まりといわれている近江上布。
その近江上布を作り出す伝統技術「織り」と「染め」から「仕上げ加工」に
至るまでの全工程が復元されたものが記録されています。
国の伝統的工芸品にも指定されるほど緻密で繊細な職人の伝統技術-
近江上布の織りと染めを後世に伝承していくために、
平成15年「近江上布映像記録制作委員会」を組織し、
記録事業が進められ、本書が制作されました。
制作工程が、写真入りで細かく丁寧に記されているほか、
近江上布の歴史についても詳しく解説されています。
近江の地に残る後世に引き継ぎたい技術が紹介された
大変貴重な書籍です。
●A4版 全58ページ ¥2,000(税抜価格)
●郵送でのご注文も承っております。詳しくはお電話にてお問い合わせください。

cha_line.gif

takamiyanuno.jpg
クリックすると拡大表示されます。クリックすると拡大表示されます。クリックすると拡大表示されます。クリックすると拡大表示されます。

近江上布のルーツといわれる高宮布の調査研究本

室町時代からの歴史を持ち、
江戸時代初期には彦根藩の献上品として
用いられるほどの高級品として織られていた高宮布。
井原西鶴の「西鶴織留」にも登場し、庶民にも親しまれてきましたが、
明治以降の機械化、安価な外国製品の輸入によって衰退し、
その実態が謎に包まれていた高宮布が、
調査研究されまとめられたのが本書です。
東近江市能登川博物館所蔵の「切本蝶」の写真が
数多く掲載されているほか、奈良晒、越後縮との比較など
研究内容が詳細にわかりやすく記されています。
近江上布のルーツといわれながら幻ともいわれた高宮布の実態。
本書で最新の研究成果に触れられます。
●A4版 全45ページ ¥2,400(税抜価格)
●郵送でのご注文も承っております。詳しくはお電話にてお問い合わせください。

cha_line.gif

mori_jofu_linkbar.jpgmori_jofu_linkbar.jpg
asaco_bar.jpgasaco_bar.jpg

近江上布伝統産業会館『麻々の店』TEL:0749-42-3246
●営業時間 10:00~17:00 休館日 祝祭日、年末年始、夏季


トップページ
ショップ『麻々の店』のお知らせ
当組合が主催、参加をしているイベントのお知らせです。
滋賀県麻織物工業協同組合のオリジナル生地『asaco』のご紹介です。
滋賀県麻織物工業協同組合のオリジナル着尺生地のご紹介です。
当組合で取れた苧麻の苧を販売します。
近江上布に関する貴重な書籍を販売しています。
体験教室のご案内。麻と自然、エコをキーワードに趣向を凝らした体験教室をご用意しています。
織物工房のご案内。機織体験ができます。
近江の麻布を広めるクリエーター集団
団体様のご来館も大歓迎。ぜひお立ち寄りください。
近江上布伝統産業会館『麻々の店』への交通案内です。
滋賀県麻織物工業協同組合のご紹介です。
滋賀県麻織物工業協同組合の関係各所へのリンクページです。

keitai_site_annnai.jpg