近江上布のなりたち

絣 〜染め〜

櫛押し捺染

近江上布の絣は糸に絣模様をつける先染めで、その染色方法は「櫛押し捺染」「型紙捺染」という手作業です。櫛押し捺染とは、櫛に似た道具を押すようにして捺染するもので、近江独特の技法と言われ、また型紙と羽根という道具を使う型紙捺染(羽根巻捺染)も近江が開発したものとされています。

 

 

 

絣 〜織り〜

近江上布の絣を織る時には必ず手作業による「耳合わせ」が必要です。型紙捺染した糸につけた耳印を手で合わせて絣の柄を織っていきます。絣を正確に整った形にするのか、少し遊び心を入れて糸をずらし、絣糸の良さや細部にこだわる手織の特徴をだすのか、織り手の芸術性が最も垣間見れる瞬間です。

 

 

 

 

 

←前のページへ | 生平 〜手績み〜 | 生平 〜織り〜