近江上布のなりたち

生平 〜手績み〜

近江上布の生平は大麻の手績糸を緯糸(よこいと)に使用します。「手績み」とは手で麻の糸を作ることをいい、木綿や真綿のように短い繊維同士に撚(よ)りをかけて糸を紡ぐのではなく、苧と呼ばれる麻の繊維を手で細く裂き、繊維方向に沿って一本ずつ結び目を作らず繋いでいきます。「手績み」は機械化が難しく、多くの手間と時間をかけて作られています。

 

 

 

 

 

 

生平 〜織り〜

近江上布の生平は地機(天びん腰機または腰機とも呼ばれる)で織ります。地機は経糸を腰で引っ張り、その経糸の張力を強くしたり弱くしたりして経糸を開口するという非常に原始的な機です。構造上、とても不安定で他の手機と比べても非常に織りにくく、国内の伝統的な織物の産地でも現在ではほとんど見ることのできない希少な機で織られています。

 

 

 

 

 

←前のページへ