今をいきる、近江上布

Aishoasaco
(アイショウアサコ)

越智和子(楽居布デザイナー)プロデュースによりaishoasacoの夏衣が誕生しました。
近江上布の緯絣と同様の原料である苧麻糸(ラミー)を使い、染色方法は伝統的な技法「型紙捺染」を用いています。
糸にはこんにゃく糊加工を施し、手もみ加工による近江ちぢみで仕上げを行い、苧麻が本来持つシャリ感じをさらに際立たせています。

 

aishoasamalu
(アイショウアサマル)

吉田真一郎(近世麻布研究)の協力により新たに生まれた大麻布asamalu。
近江上布のルーツである「高宮布」と同じく大麻布(ヘンプ)を使用し、驚くほどの柔らかい布に仕上がりました。
特別な大麻糸を使用し、近江の地の技術が融合して、今までに実現しなかった先染めの大麻布です。