今をいきる、近江上布 〜地域ブランド〜

地域ブランド

近江の麻 〜素材〜

伝統の良さを守りながらも新しい技術を取り入れ、さらに質の高いデザイン性や感性を備えた地域ブランドとして「近江の麻」が生まれました。日本古来の素材苧麻(ラミー)だけではなく、明治中頃に普及した欧州の麻亜麻(リネン)の柔らかさと感触が現代人の感覚に合い、洋服、雑貨、インテリア、寝具などに使われ、現在はリネンが麻織物の生産の主流となっています。

 

 

 

 

 

近江の麻 〜染めと織り〜

「近江の麻」はほぼ機械による染色と織りです。近江の麻には染色技法の定めはありませんが、伝統を引き継いだ先染め(糸染め)で織った布は、色落ちも少なく、色合いも穏やかで優しい印象を与えます。

 

 

 

 

 

近江ちぢみ 〜仕上げ加工〜

「近江の麻」と同様に産地の新しい地域ブランドである「近江ちぢみ」。麻布に接触冷感をもたらすちぢみ加工も現在は機械化が進みましたが、以前は手と「シボトリダイ」と呼ばれる独特な線が刻まれた板で布を揉んで縮み(シボ)をつけていました。手もみは非常に手間がかかり量産は難しいですが、職人が手の感覚のみでシボをつけるため布の細部にまで気を配ることができ、調整がききやすい特徴があります。手もみ仕上げの麻織物は少ないものの、現在でも続いている技術です。
「近江の麻」「近江ちぢみ」を通じて、広く多くの人が麻織物を知り、日常的に使うきっかけとなっていくことが、伝統工芸品「近江上布」を守っていくことにも繋がっていきます。

 

 

 

 

 

Aishoasaco
(アイショウアサコ)

越智和子(楽居布デザイナー)プロデュースによりaishoasacoの夏衣が誕生しました。
近江上布の緯絣と同様の原料である苧麻糸(ラミー)を使い、染色方法は伝統的な技法「型紙捺染」を用いています。
糸にはこんにゃく糊加工を施し、手もみ加工による近江ちぢみで仕上げを行い、苧麻が本来持つシャリ感じをさらに際立たせています。

 

aishoasamalu
(アイショウアサマル)

吉田真一郎(近世麻布研究)の協力により新たに生まれた大麻布asamalu。
近江上布のルーツである「高宮布」と同じく大麻布(ヘンプ)を使用し、驚くほどの柔らかい布に仕上がりました。
特別な大麻糸を使用し、近江の地の技術が融合して、今までに実現しなかった先染めの大麻布です。

近江麻布

伝統技術と経験を積んだ近江上布伝統産業会館の職人が織りあげた作り手の顔の見える手織りの麻織物です。

 

こだわり 〜仕上加工〜 | 100年前の麻糸